FXの核心を突く

みなさんこんばんは☆

SESOです(^^)





※今日のブログでは

FXについて熱く語ったので

ご興味のない方は飛ばしてくださいませ(´;ω;`)




今日は長いこと

チャートとにらめっこしていました(>_<)

いったいこの動きはなんぞや!!?

って気になってしまって。


正直ここまで深く考えたのは

FXを始めてから初めてかもしれません。

それくらい心につっかかりが生まれてしまったんです。

たぶん眉間にしわを寄せながら

長いこと難しい顔をしていたことと思われます。


ひとまずドル円チャートを見てみましょう!

日足的に見ると111円台までは落ちれそう。。

ドル円日足

EA参加者様&インジ購入者様に送らせていただいた

3月のコラムにも書いた通り

110~117円程度のレンジを中心に

調整的な動きになりそう

という見方は今のところ合っている様子。

ドル円1時間足

それにしても下降の流れがすごい(>_<)

こちらは1時間足ですが

5分足なんかで見るとさらにきれいな下降トレンドです。


そしてSESOは思いました。


以前ず~っと前にブログに書いたことですが

“徹底的に予測しない”

これってやっぱり核心を突いた言葉だな、と。


私の師匠はとにかくテクニカルを大事にする方なのですが

その意味が改めてわかった気がしたんです。

FXを楽しむうえで

テクニカル要素とファンダメンタル要素があるわけですが

ファンダメンタル要素も過去のチャートを振り返れば

それはテクニカル要素として残っているんですよね。

私的に解釈すると

単純に未来を想像するうえでのファンダメンタル要素は

ふわふわしたものですが

過去を振り返るとそれは

テクニカルとしてデータを残してくれている
って感じです。


例えばミシガン大期待インフレ率が過去最低で

ドル円がさらに下げました!

って市場で騒がれたとして

本当は何が内容でもいいんですよね。

結果下落した、ロウソク足がこんな形になった

ってことが重要であって

ファンダメンタルを分析しても

正直限界があるんじゃないかと思っています。


ちなみに私はこの世の中

ある程度シナリオがあって動いているし

光があれば影もあるとも思っています。

(このあたりの話を深堀すると

どんどん長くなってしまいますが、、、(^^;))



今日の気づきのまとめ\(^o^)/


・過去のチャートを振り返ることの大切さ

(金融危機が起きた際も

振り返ってみるとチャートに投資家心理は表れていた)

・結果に素直に従う(ついていく)ことの大切さ

・ファンダメンタル要素も大事だけど振り回され過ぎないこと




※あくまでも私の考えですので

できれば「SESOのあほー!」

とか言わずに

ふーんって読んでくださると幸いです。。笑


今日は自分的に一皮むけました!

今振り返ると師匠の言葉がまた違って捉えられます。


頭の中でハッとしたことを

文字にしてアウトプットをするのは難しいけど

ブログに書いたり人に話したりことで成長できるとも思うので

これからもいろんなことを書いていきたいと思います(*^^*)

来週もがんばるぞ!!



それでは明日も

素敵な一日になりますように♡





「Ctrl」ボタンを押しながらクリックすると

一気に押していただけます☆


人気ブログランキングへ




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは^^


“徹底的に予測しない”という言葉の意味が
もうひとつよくわからないのです。

FXは、チャートを見て
次の動きがどうなるか『予測』するもの
というイメージが自分にはありますので( ^ω^; )

このあたりのところを
もう少し教えていただければ幸いです。

No title

お陰で含み損が360万円で涙が頬をつつつ~っと



まあ、流れませんがその内一旦は上がってほしいですv-19

気付き

おはようございます

なかなか深~いお話だと思います。
小生も考えてみたら、緑で書かれた
ポイントのところはまがりなりにも
そっているような気がします。

特に2番目は大事だなーと思います。
当初のシナリオが外れたときは、絶対
これですよね、変なこだわりを捨てて
切り替えるためにも。今週の相場もこの
ことを思い知らされる展開だったと思い
ます。

No title

こんばんは~!
最近私が考えていたことを書いてくれたのですごくホッとしました!!
私だけがこんなこと考えているのかと思っていたので割りあ

最近は最新の動きについてくトレードをしているのですが多少得るものがありました!!
徹底的に予測しないって言うのも分かるんですが、考えちゃいますよね!!(笑)

勉強になりました!

こんばんは(^^)
FXも奥が深いんですね!
最近トレード休憩中です。ゆったりいこうと思いながらゆったりいきすぎてしまいました。

坊主おじさん様こんばんは☆

いつもコメントありがとうございます♪
そしてご質問ありがとうございます(*^^*)

“徹底的に予測しない”という言葉の意味ですが、坊主おじさん様のおっしゃる通りFXは次の動きがどうなるのか『予測』するものであるというのは合っていると思います!

その『予測』の方法について掘り下げてみたときに、過去のチャートを振り返ると例えばFOMC・雇用統計・日銀発表などといったファンダメンタル要因で値動きがあった際の結果がチャートに残っているんですよね。
(どんなロウソク足の形で、どんな移動平均線の傾きで、とかそういったところです)

結局、最近のイベントでいうとアメリカが利上げをしても円高に振れるわけで(一見円安に動きそうなのに)トランプさんが選挙に勝ったところで円高にはならなかったわけなので(不安感から円高になりそうなのに)これからやってくる未来(未来のファンダメンタル要因)を一生懸命予測するよりも、過去のチャートを振り返って研究したり、結果論として動いた動きに素直についていくことが大事なんじゃないかと思ったというわけです。

なんというか、過去のチャートを振り返ってこうなったらこうなりやすいとか、移動平均線の傾きとかを研究しつつ、未来のファンダメンタル要因を受け入れる形を取ると強いんじゃないかなと思います。

なので単純に利上げするんだろうからドル円買っとくか♪ってトレードしちゃうと痛い目を見る可能性が高いんじゃないかというわけです。
※テクニカル的な裏付けがあってエントリーするのと、ただの予想でエントリーするのとでは意味合いが違うということ!

説明が下手で申し訳ないです(>_<)
少しでも坊主おじさん様に伝わっていると嬉しいです☆

tochiもちさんこんばんは☆

コメントどうもありがとうございます♪

ありゃ~~!
360万の含み損は大きいですね(>_<)
でも涙は流れないんですね(゜゜*)笑

今は調整相場なので来週はまた上昇するんじゃないかと読んでいますが果たしてどうなるか。
上がってくれるといいですね!!

タイトルに魅せられて。二度目

見たことある記事や~ん!魅力的なタイトルは罪ですね!


と。せっかくなので思うことをぶつけてみたいと思います。

テクニカルにファンダが含まれるのはその通りだと思います。

ですので、過去を振り返るのにテクニカルを眺めるのは十分有益だと思います。


が、知りたいのはあくまで未来です!その意味ではテクニカルをいくら眺めても未来の予想確率が上がることは実際には無いのではないでしょうか?

逆説的ですが、もしテクニカルだけで未来を予想できるのであればプログラムに落とし込むことは比較的容易なので必勝法(高確率で利益を上げる)といえる様なEAが既に沢山出回っているはずだと考えます。

実際には状況に応じて使い分けないと利益は得られませんよね?(使ったことがないので予想ですが。。。笑)それは即ち、ミスを減らす程度のことには役に立っても、長期的に運用した場合(=様々な相場状況において)勝率を50 %以上に上げることが出来るEAは出回っていないということではないでしょうか?


ってちょっと嫌らしい質問ですかね~。。。
(ハートマークを取って頂ければ)スルーしてくださって結構ですので!

よっチさんこんばんは☆

いつもコメントありがとうございます(*^^*)

よっチさんにそう言っていただけると嬉しいです。

本当今週の相場は考えさせられました・・。
チャートの動きに気持ち悪さを感じてたくさん悩んで、、でも今はたどり着いた場所があるのでホッとしています。

変なこだわりを捨てるのって大事ですよね(^^;)
切り替えるのがかっこ悪いわけじゃないのに意地になってしまうようなところもあったりして。。
素直についていくことを意識して来週は相場に向かおうと思います!

いつもありがとうございます(*^-^*)

t.tさんこんばんは☆

コメントどうもありがとうございます♪

t.tさんにそう言っていただけてよかったです(*^^*)

未来の値動きを考えるのも合っていると思います。
でも予想したことと結果にズレがあってもこだわりすぎないことも大事かなと思います。
あと根拠のない予想は危険かなと思ったり(^^;)

とにかく10年相場と付き合えば見えるものがあると思うので、お互いにがんばりましょう\(^o^)/
これからもよろしくお願いします!

NaNaKoさんこんばんは☆

コメントどうもありがとうございます♪

どんな世界も極めようと思うと努力が必要かと思いますが、FXの世界も本当に奥が深いので、自分はまだまだだなと思い知らされる毎日です(^^;)
それがおもしろみでもあるので、これからも食らいついていこうと思います☆!!

時にはゆったりもいいんじゃないでしょうか(*^^*)
ぜひNaNaKoさんのペースで頑張られてくださいね☆
私もがんばります!
ファイト~~\(^o^)/

Tochi さんこんばんは☆

再びコメントありがとうございます(^^)

たしかにTochiさんのおっしゃる通りなんですよね(>_<)
それだったら高確率で勝てるEAがたくさん出回ってるはずということですがその通りだと思います。
手前味噌ではありますが、私のEAもテクニカル的に間違った判断をすることはありません。
しかし日々のリアルな値動きは様々な要因が絡んで築かれているので、残念ながら時々ドローダウンが出てしまうんですよね。
(なので雇用統計のときなどはEAスイッチオフを推奨しています)

また、“テクニカルをいくら眺めても未来の予想確率が上がることは実際には無いのではないでしょうか?”とのご質問ですが、もし私の質問の受け取り方が間違っていたら申し訳ないのですが、ロウソク足のかたち一つとっても過去を振り返ることに意味はあると思っています。
例えば1時間足の下降相場で数回はじかれている(それ以上下がれなかった)ラインに十字架のかたちのロウソク足が出たとしたら、その次に再び上昇する可能性があると読んでもいいと思います。
あくまでも単純な例ではありますが、過去の傾向を知ることで未来の値動きに対応しやすくなる(こんなこともあったんだと経験値が積まれる)という意味では、私は過去を振り返ることは意味があると思っています。

ちなみに、ちまたに出回っているEAは過剰最適化(カーブフィッティング)したものも多いですし、一見良い結果のEAでも勝ち続けるものはほぼないと思っているので、私は使っていません。

解釈の違いなどはあるかもしれませんが、考え方に正解や不正解はないと思います☆
みんなそれぞれいろんなトレードスタイルがあるでしょうし、中には大きな指標発表のみでトレードする方もいらっしゃいますしね!
これからも楽しんでFXに取り組んでいけたらと思いますのでよろしくお願いいたします(*^^*)

なるへそ!

そう来たか!(笑)

いや、嫌らしいコメントをしたのは、私にとっては未知(=謎めいた)なEAに実はすごく期待をしているからなんです!好きな子が出来たら気になって仕方なくて却ってイジメる的な、、、そして嫌われる的な、、、(~fin~)

巷に出回っているEAが勝てないのは勝てるくらいなら売らないだろうから別にいいんですが、sesoさんがおっしゃる通り過去を振り返ることに意味はあるはずです(手のひらクルン)!

何故なら、近い未来の価格を予想するには遠い過去の価格よりも近い過去の価格(=直近のチャート)が一番有効だからです。直感的にだけでなく理論的にも。ある意味では未来はチャート上に既に描かれている、と言っても過言ではないと思います。

また、違った味方をすれば為替はゼロサムゲームなのだから未来を予想するとか大げさな事を言わなくても、他の人よりも有利な手法さえ選べば(=出し抜ければ)勝てるはずなんです。ドル円ならミス&ミセスワタナベが3割もいるのですから。じゅるり。。。(←seos's EA)

だったら上手いことEAで一番有効な直近のチャートを使って、使っていないワタナベ達を出し抜いて何故勝ちまくれないのかが正直不思議でなりません。

結論:とても興味深かったです!


p.s. 勝てるEAがあったら教えてください。

おはようございます^^

SESOちゃんの説明、
よくわかりました。
ありがとうございます。

ところで、
過剰最適化(カーブフィッティング)
しすぎていてもいけない
というのは、大変興味深いです。

過去にあったことが
そのまま未来に起こらない
ということでしょうか?

そのあたりのEAの味付けが
大切なのですね。

Tochiさんこんにちは☆

再びコメントありがとうございます♪

“勝てる”というのがどういった定義なのかが難しいところですね。
短期的に勝って勝ち逃げしちゃえばOK!ということであればマーチンゲールタイプのEAもいいかもしれないです。
(一気に増える前に証拠金が足りなくて破綻しちゃうリスクもありますが、なくなってもいい100万円で運用するのはおもしろそうですよね。)

私的にはEAで永遠に勝ち続けられるものはないと思っています。
あるとしたら運用環境がすさまじく良い中でのアービトラージ系かインサイダーかな(>_<)
ブログにはまだ書いていませんが、FX意外にも研究しているものはあるので、何かいいものを発見したり開発できた時には改めて発表したいと思います。

坊主おじさん様こんばんは☆

いつもコメントありがとうございます♪

また、過剰最適化についてご質問ありがとうございます(*^^*)

過剰最適化(カーブフィッティング)というのは、例えば2016円1月~6月までの相場(すでにチャートができあがっている過去の相場)に合わせて良い成績が出るようにEAを設定することです。
(つまり、ある期間に関してのみ好成績が出るように設定すること)
もし2016年1月~6月の相場が上昇トレンドで、順張りでエントリーすれば勝ちやすい相場の場合、そういった性格のEAにしちゃえばいいわけですね(^^)

また、EAを制作する上でバックテストという作業があります。
バックテストというのは過去のチャートでEAを運用していたとしたらどのくらいの成績が出ていたかを研究するものなのですが、バックテストで出た結果があまりよくない結果だったから今度はこうしよう、と何度もいじって調整していくと、どんどん良い成績が出るようになりますよね。
それが過剰最適化ということです。

結局その期間は得意でも、リアルに運用したら違う相場の流れがやってくるわけなので対応できないってことになるわけです。
(EAの販売ページで過去の成績はこちら☆なんてよく載ってますが、過剰最適化したバックテストの結果を載せてる場合も多いので注意が必要です(>_<))

なので半年くらいは成績が安定していたけど、1年経ったら相場に全然対応できなくなっちゃった、、というEAの話もよく聞きます。

そういったこともあるので、個人的な見解としてはシンプルな性格のEAがベストかななんて思っています(*^^*)
SESOウェブサイトはこちら
SESOTUBE
プロフィール

SESO

Author:SESO
FX大好きブロガー「SESO」です(^^)

毎日ブログ更新がんばってます!!


「株はCisさん、FXはSESOさん」のポジションを確立すべく日々奮闘しております・・笑


ドル円、ユーロドル、中心です☆


目指せ『長生きFX☆』


宜しくお願いします!

応援お願いします♪
応援お願いします♪
応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Twitter
Twitter
最新記事
足あとカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
280位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
67位
アクセスランキングを見る>>
相互リンク集
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる